2009年07月10日

キューティクル

髪の毛は、三層構造になっていて、キューティクルは、髪の毛の光沢などを保ち、抜け毛を防ぐためにも必要な存在です。

キューティクルは、髪の毛の構造の中で、比較的上部なものですが、髪の毛の一番外側の部分なので、摩擦に弱く、その他の原因によっても、傷つきやすい部分です。
キューティクルが傷ついて剥げると、髪の毛の中の水分が逃げて、枝毛の多い乾燥気味の髪の毛になります。

キューティクルを傷つける原因で一番多いのは、ブラッシングです。

キューティクルの構造は、髪の毛の先端へ向かってうろこのように重なっています。何度もブラッシングすると、どうしてもキューティクルを傷つけてしまいます。

ブラッシングには、髪の毛を傷つけにくい、豚やイノシシの毛のブラシがオススメです。

ドライヤーの熱もキューティクルを傷つける原因となるので、なるべく低い温度で使いましょう。
posted by enishi at 18:51| 髪質改善テク

2009年05月04日

くせ毛を防ぐための乾燥方法

髪型が決まると、その日1日、気持ちよく過ごすことができますよね。

くせ毛に悩むひとは、シャンプーをした後はどのように髪を乾かしているのでしょうか。

自然乾燥っていう人も多いと思います。

ドライヤーを使わずに、自然乾燥すると髪を傷めずに良さそうな気がします。

ですがこれは大きな間違いで、自然乾燥は髪の表面から乾いてくるので、すぐに乾いてしまうように感じますが、髪の根元まで乾くのには、とても時間がかかります。

乾いているように見えても、実は頭皮のあたりには湿気がたまっていることがあります。

そのまま寝てしまうことになったら、朝にはくせ毛がひどくなっています。また、毛穴に汚れがたまって髪に悪影響を与えてしまいます。
posted by enishi at 09:55| 髪質改善テク

2009年04月24日

縮毛矯正とストレートパーマ

一般的に知られているか分かりませんが、縮毛矯正とストレートパーマは全然違います。

縮毛矯正もストレートパーマもどちらも髪の毛をストレートにするのですが、大きな違いと言うとアイロンを使って熱処理をするかしないかの差だと思います。

ストレートパーマは髪の毛を薬剤で湿布し、その力でストレートにするというもの。

縮毛矯正は髪の毛のキューティクルを薬剤や熱を使って溶かしてアイロンを使ってまっすぐに伸ばし、薬剤と熱で固定させるものです。
縮毛矯正をやるのに向いているかと言うと、クセが強い人、髪の量が多い人、髪が広がりやすい人などが向いているかもしれません。
なぜかと言うと縮毛矯正をかけることによりボリュームもダウンするからです。
posted by enishi at 15:21| 髪質改善テク

2009年04月03日

抜け毛予防に効くツボ

抜け毛対策にはさまざまなヘアケア方法がありますが、頭皮の血行を良くすることも大事です。頭皮マッサージが簡単で良いですが、抜け毛に良い「ツボ押し」も実践してみましょう。


中府(ちゅうふ)は、鎖骨下の外側にあるくぼみから、親指幅1本分程度下にあるツボ。
イスなどに座って4本指でもむように刺激します。中府は咳こんで苦しい時などに刺激しても効果的です。

腎穴(じんけつ)は、小指の手の平側、第一関節にある横シワの中央に位置するツボです。反対の手で前後をつまみ、親指で3回押します。
ゆるめた後、また3回押して刺激しましょう。
手指にあるツボなので、いつでもどこでも簡単にできます。抜け毛の他に、白髪や更年期障害、頻尿にも効果的です。

⇒薬用育毛剤

posted by enishi at 15:49| 髪質改善テク

2009年03月09日

髪の洗い方

あるシャンプーのサイトを見ていたら、「髪の洗い方」のところに、「顔と同じように優しく洗う」と書いてありました。

顔と同じようにって、かなりソフトじゃないですか?

今の時代、美容上、いかなることでも、顔をなるべくこすらないのが常識。それと同じようって・・・って結構考えさせられました。

ということで、地肌もソフトにソフトに。。と思いながらシャンプーしていたら、頭のてっぺんのなんかよくわかんないかゆみと、脂っぽさが少なくなった気がします。

特に、かゆみについては、まったくなくなったといっても過言ではありません。

良いことがあったので、このまま続けようと思います♪

posted by enishi at 14:22| 髪質改善テク

2008年10月17日

リペア 縮毛矯正

従来のストレートパーマとは違い、リペアはクセの矯正のほかに、ダメージを改善し、ツヤやハリを与えます。

今まであきらめていたクセ毛やチリチリの毛、ダメージを受けてぱさぱさになった髪もまっすぐなサラサラ・ツヤツヤの髪に変わります。クセの状態や髪質を問わないようです。

生まれつきのストレートヘアのように、自然な仕上がりになるようです。持続性があり、毎日のお手入れが簡単になります。

くせ毛で死にそうな私は、今すぐ試してみたいです。
posted by enishi at 17:09 | TrackBack(0) | 髪質改善テク

2008年10月11日

縮毛矯正の種類

縮毛矯正の種類として最も一般的なのが「美容院」で行う縮毛矯正です。

美容院で行う縮毛矯正には種類があり「ブロー法」と呼ばれるドライヤーのブローでくせ毛を伸ばす方法の種類と「アイロン法」と呼ばれるアイロンの熱を利用してクセを伸ばす方法の種類の二つに大きく分けられると思います。

どちらの方法も最初に薬剤を使用してクセを柔らかくしてから熱を加えると言った手順を踏みます。

次に縮毛矯正用シャンプーという種類ですが、市販されている縮毛矯正の効果が得られるシャンプーなのですが、自宅で手軽にできると言うメリットがあります。しかし、即効性がないために効果が現れるまで個人差はありますが時間がかかります。

次に市販されている縮毛矯正剤を使用することですが、家で手軽にできると言うメリットの反面、素人技術なので思うような結果が得られないかもしれないというデメリットがあります。
posted by enishi at 12:00 | TrackBack(0) | 髪質改善テク

2008年08月28日

お酢

よく、"お酢"をリンス代わりに使うっていいますよね。

シャンプーも同じかもしれませんが、リンスとかコンディショナーとかっていうのは、「しっとりさせるもの」が入っているから、頭皮には良くないって言いますよね。

確かに、お酢なら、食べるものなので、安心です。

でも、においとかは気にならないのでしょうか。

普通のお酢じゃなくて、フルーツのお酢なんかもあるようなので、そういうのだと、少しはいいのかもしれません。

ところで、頭皮ていうのは、かなり重要なトコロのようです。

「顔のたるみ」は、顔より先に、頭皮がたるむんだそうです。
顔の手入ればかりをいくらやっていても、頭皮がたるむと、顔もたるむということのようなので、頭皮ケアは、そういう面から見てもかなり重要ですね。
posted by enishi at 19:25| Comment(0) | 髪質改善テク

2008年06月27日

髪をサラサラにする方法

以前、TV番組でやっていたのですが、カリスマ?美容師が、自宅で簡単に髪をサラサラにする方法は洗い方にあるというものでした。

はっきり言って、山姥と表現したら、山姥が怒るような髪の女性が出演して、2週間くらいで、髪の毛をサラサラに落ち着かせるという特集だったのですが。

本当に、その女性は髪も赤く、傷んでパサパサで、こんな髪は、切らなきゃ治らないでしょう?という感じだったのですが。

もちろん、カリスマ美容師なので、美容室で、集中トリートメントなどもほどこしていましたが、2週間後にはびっくりするくらいのサラサラヘアになっていました。。。

傷んでしまった髪って、元には戻らないと思っていたのですが、努力次第で、改善できるものなんだなぁ。と感心してしまいました。

その、カリスマ美容師が、その山姥のような髪の女性に対して、毎日やって欲しいとお願いしていたのが、「シャンプー時のマッサージを2分間する」というものでした。

この番組を見てから、私は2分間マッサージしながらシャンプーしているのですが、明らかに髪の硬さは違いますよ!

やる気のある方はお試しください。

→髪質改善



posted by enishi at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪質改善テク