2010年02月15日

髪の毛の老化予防

髪の毛が老化するのを予防するためには、まずは適切なケアが大事です。

とりあえず髪にダメージを与えないように注意が必要です。
特にダメージになりやすいのは乾燥です。乾燥することで老化が早くなってしまいます。

髪の紫外線対策も重要で、紫外線は髪のたんぱく質を酸化させるので外出時は帽子や日傘などでガードしましょう。
髪のためのUVカット商品などもあるので利用してみるのもいいですね。

食事にも気をつかって、ミネラルやビタミン、良質なたんぱく質など髪に良い食品を摂るようにします。

できれば、パーマや白髪染めをする回数をなるべく減らすというのも、髪のダメージを減らすことになるので効果的です。
posted by enishi at 13:10| 髪質改善考

2010年01月14日

くせ毛の種類

くせ毛はその人によって差がいろいろあるそうです。

くせ毛で苦労したという人もおおいようです。毎朝、髪の毛をセットして出かけようとしても、うまく決まらなくて遅れそうになったと言う人もいるでしょう。
ですが、世界的に見ると、日本人はくせ毛が少ない方だといわれます。

くせ毛の種類は、波状毛、捻転毛、連球毛、縮れ毛などがあります。

波状毛は髪の毛が大きく波打っている状態、捻転毛は、きりもみ状にねじれているもので、ちょっと見るとくせ毛には見えない場合もありますが、一本をよく見てみると、ねじれているという状態です。

連球毛は、渦を巻いて球状になるくせ毛で、ゴワゴワとしていて、毛が切れやすく、ちょっとやっかいな髪の毛です。

縮れ毛は、黒人の髪の毛で、らせん状に渦巻いている場合もあり、細かくねじれています。
posted by enishi at 10:38| 髪質改善考

2009年06月29日

抜け毛の観察

薄毛が進行してきたかな?と思ったら、抜け毛を観察してみましょう。

抜け毛を観察すると、薄毛が進行しているのか、また、代謝などが原因で抜けた普通の抜け毛なのかということがわかります。
何かの病気によって抜けた場合は、病気を治すためには、なるべく初期の段階で発見し、正しい治療をすることが必要ですよね。
抜け毛も同じことが言えるんです。
抜け毛の本数だけで判断するだけでなく、抜け毛を観察することによって、どの程度のすすみ具合なのかを判断することが出来ます。

髪の毛は、成長してから成長を休止して脱毛するというサイクルがあり、1日に50本から、100本の抜け毛は、正常な抜け毛です。

これが、200〜300本と増えていくと、薄毛が進行している状態といえます。
posted by enishi at 17:32| 髪質改善考

2009年05月15日

縮毛矯正と美容院

縮毛矯正を普通の美容院でやりたい場合にはホットペッパーなど、地域限定の情報紙などで探してみるのもいいと思います。
うまくいけば、割引券やキャンペーンを見つけれるかもしれません。

またインターネットなどで口コミを探してみたり、場所を特定して探してみたりして情報収集してもいいと思います。

一番確実なのは、お友達で上手にやってもらっているところを教えてもらうことですけど、縮毛矯正をしている人ってそんなに多くないですよね。

高いお金と時間を使って施術してもらうのですから失敗は絶対にしたくないですよね。

posted by enishi at 14:25| 髪質改善考

2009年04月28日

縮毛矯正のデメリット

縮毛矯正のデメリットですが、なんといっても、縮毛矯正をするのにお金と時間がかかるということではないでしょうか。

髪の毛が新たに生えてくれば、その部分はくせ毛なのでストレートの部分と差ができます。
カラーリングなどもそうですが、髪の毛はそうやって見ると本当に伸びるのが早いです。

一番気になるデメリットについては、髪の毛が痛むことです。

美容院ではある程度ケアをしてくれると思いますが、何回も施術するとやはり傷んできます。

もちろん、かけると自分の髪のことで悩むことは減るので、いいことの方が多いとは思いますが、これから縮毛矯正をやってみようかなと思う人は、このようなデメリットも知って、美容師さんとよく相談してみてください。
posted by enishi at 09:31| 髪質改善考

2009年04月07日

ストレスと髪

強いストレスは私達の体にアドレナリンをたくさん分泌させます。

アドレナリンが過剰に分泌されると、活性酸素が増加して皮脂腺の働きも活発化します。

皮脂腺から余分に皮脂が分泌されると、それがかたまりになって毛穴を塞ぎ、抜け毛の原因になってしまうのです。

毎日抜けていく髪をみて気分が落ち込んでしまったり、元気をなくしてしまったりといったことはないですか?

ストレスを感じて抜け毛が増え、抜け毛の増加がさらにストレスとなるのでは悪循環です。
髪のことをなるべく気にしないように努力することは大事です。

楽しいことをしている時間は、髪のことも日頃のストレスのことも考えなく済み、体を動かして心地よい疲れを感じると、質の良い睡眠をとることが可能です。質の良い睡眠はストレス解消にも効果的ですし、抜け毛予防としても良いものです。

⇒「STORY」カリスマモデル《マエノリ》の頭皮ケア
posted by enishi at 17:07| 髪質改善考

2008年07月21日

頭皮の毛穴

頭皮の毛穴が詰まっているとよくないってよく聞きます。

頭皮の毛穴がつまっていると、髪に栄養がいきわたらなくなって、ダメージの原因になるらしいです。

頭皮がきれいに洗えていて、余分な皮脂などが残っていないかどうかは、あぶら取り紙で簡単に調べることができるそうです。

髪を洗ってから、1〜2時間後に、あぶら取り紙で頭皮をふいてみて、脂がびっしり取れるようなら、毛穴に皮脂が残っていると思っていいみたいです。

天然の脂分が、毛穴を通って髪にいきわたるので、毛穴に汚れが詰まって、髪に潤いがいきわたらなければ、パサ付いたり、切れ毛や枝毛になりやすくなるとか。。


さらに、頭皮が老化して硬くなると、血液の循環を悪くして、健康な髪がそだちにくくなるんだそうです。

頭皮のケアは、髪に深く関係しているようですね。

髪そのものより、頭皮のケアが、髪質改善のカギかもしれません。

posted by enishi at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪質改善考

2008年06月21日

自分の髪質が嫌い

私の髪は、硬くて量が多くて、太くて、ハリがあって、おまけにうねりもあって、あまり好きじゃない。

若い頃は、ストレートにあこがれていたので、すごくコンプレックスがあった。。

この10年以上はショートにしていたので、あまり気にならなっかった。

だから、自分にはショートしか出来ないと思っていたし、いろんなことが忙しかったから、髪に時間を割いている暇はなかった。。

最近、髪を伸ばしてみたら、自分の髪質のヒドイことを再確認してしまったワ。

自分の髪が大好き・・っていうひともやっぱり居るんだろうな。世の中には。。

→髪質改善

posted by enishi at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 髪質改善考